無添加

ドッグフードの安心安全

2009年に、とある法律が制定されました。
それは、ペットフード安全法(「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」)というものです。
その法律は、ペットフードの安全性が確認できないものの輸入を規制し、賞味期限などの表示が義務付けられるといった法律です。
この法律により、消費者はより安心してドッグフードを買うことができるようになりました。
有害な物質を含むペットフードが販売されなくなったのは喜ばしいことですが、肉骨粉の使用に関して規制されていない点など、問題も残ります。

では、私たち消費者側で、ドッグフードなどペットに与えるものを購入する際、気を付けられる点があるでしょうか。
もちろん、あります。
「より安心・安全のドッグフード」を調査し、購入することです。

国内で販売されている商品であっても、詳細に成分表示が行われていない商品、防腐剤、合成着色料・保存料を使用している商品など、安全性に疑問を持つような商品はありますので、そう言った商品は例え安くても避けるようにしましょう。
より安心できる商品を選び、もし犬に合っていないと感じたのであれば、徐々にドッグフードを変えていき、犬に合ったものを与えるようにしましょう。

ドッグフードを購入する際に注意してほしい点はこちらhttp://www.blogsndogs.com/kik.htmlにもかいてありますが、使用されている原材料は何かをしっかり確認しましょう。
また、値段があまりにも安すぎる商品は粗悪品が混ざっている可能性が高いのでやめておきましょう。
過去に害を与える成分が混入されていたドッグフードで愛犬が死んでしまうという事件が起きました。
その事件の内容はhttp://www.arimahp.jp/Recall.htmlに詳しく載っていますが、このような悲惨な事件が今後起きないためにも飼い主がきちんと知識を身に着けて愛犬の健康に良いドッグフードを見つけてあげることが大切です。
たくさんありすぎてなかなか決められないという方は英国王室ご用達のドッグフードを試してみてはいかがですか?
品質管理が徹底されている商品なので安心してあげることができるでしょう。
ドッグフードとおやつのちがいについても参考にご覧ください。



このページの先頭へ